news

  • 【出版】『京都ユダヤ思想』(第六号、2016年、4-34頁)に拙論「全体性の彼方へ―コーヘン、ゴルディーン、レヴィナス」が掲載されました。[info]
  • 【報告】同志社大学で開催された、ディディエ・フランク『他者のための一者―レヴィナスと意義』(米虫正巳、服部敬弘訳、法政大学出版局、2015年)出版記念シンポジウム「存在と存在するとは別の仕方でのあいだ――『他者のための一者』を読む」で「レヴィナスと哲学史」と題し発表してきました。(2015.12.30)[info]
  • 【出版】 ジャック・デリダ『哲学への権利 2』(西山雄二・立花史・馬場智一、宮﨑裕助、藤田尚志、津崎良典 訳、みすず書房、2015年、全480頁)が出版されました。(2015.12.30)[info]
  • 【報告】長野市生涯学習センターで「パリ新聞社襲撃事件から考える「共生」の問い」と題して講演を行いました。(2015.07.22)[info]
  • 【出版】Cahiers d’études levinassiennes (XIII, 2015, pp. 175-178)に『顔とその彼方』(合田正人編、知泉書館、2014年)の書評を書きました。また、図書新聞(3212号、2015年6月27日号、p.3)に『甦るレヴィナス:『全体性と無限』読解』(小手川正二郎著、水声社、2015年)の書評を書きました。(2015.06.22)
  • 【出版】『倫理学年報』(第64集、2015年)に拙論「二つのモナド論のあいだで――フッサールとハイデガーの聴講者レヴィナス」が掲載されました。(2015.06.07)
  • 【出版】ミヒャエル・クヴァンテ『人間の尊厳と人格の自律』(加藤泰史監訳)が法政大学出版局より出版されました。私は最終章「展望」の訳を担当しています。(2015.4.7)[info]
  • 【出版】UTCP-Uehiro Booklet 6: Humanizing Asia: Rethinking Literature and Arts under the Situations of the Cold Warが刊行されました。一年前の上海でのコロックの記録です。私は「The Paths to the Universal: Imamichi and Levinas in 1957 at Tioumliline」を寄稿しています。(2015.4.7)[info]
  • 【更新】「業績」「論文」「翻訳」を更新しました。(2015.4.7)
  • 【出版】『中国21』に「〈世界史〉の圏外と未来――中国とアメリカ」と題する小文を書かせて頂きました。(2015.4.2)[info]
  • 【更新】「著作」を更新しました。(2015.3.31)[info]
  • 【出版】『グローバル化時代における現代思想 vol.5 「ヨーロッパ」とその他者』が出版されました(2015.3.30)[info]
  • 【更新】 「業績」を更新しました。(2015.2.9)[info]
  • 【報告】Workshop „Zur Aktualität des Würdebegriffs“ 10.-12. März 2015 (Haus der Universität, Düsseldorf, 2015.03.09)で発表してきました。(2015.3.27)
  • 【更新】 「翻訳」を更新しました。(2015.2.25)[info]
  • 【更新】 「業績」を更新しました。(2015.2.9)[info]
  • 【報告】ジャック・デリダ『哲学への権利1』(西山雄二、立花史、馬場智一訳、みすず書房、2014年、全320頁)が出版されました(2015.2.9)[info]
  • 【報告】Tchernobyl - Fukushima. Quels Tournants?(パリ第八大学, 2014.12.06)[info]およびLectures lévinassiennes : Une autre voie phénoménologique(高等師範学校, 2014.12.09)[info]で発表してきました。(2015.2.9)
  • 【更新】 「業績」を更新しました。(2014.11.4)[info]
  • 【報告】一橋哲学フォーラムで発表しました。「物象化と剥き出しの生――Steineck氏の発表によせて」(2014.11.2)
  • 【報告】脱構築研究会で発表しました。「融即から分離へ――ハイデガー講義『哲学入門』(一九二八〜二九年)の聴講者レヴィナス」(2014.10.11)[info:脱構築研究会HP]
  • 【出版】「図書新聞」に、合田正人編『顔とその彼方――『全体性と無限』のプリズム』(知泉書館、2014年)の書評を書きました。(2014.09.01)[info]
  • 【報告】国際シンポジウム「人間を溢れ出るもの」(東京大学UTCP)に参加してきました。(2014.07.03)[info]
  • 【更新】「業績」を更新しました。(2014.07.03)[info]
  • 【出版:2014.05.30】Phasis誌(フランス・イタリア)に論文 "Philosophes à l'écoute dans la catastrophe continue"(継続するカタストロフィのなか耳を傾ける哲学者たち)を寄稿しました。[info]
  • 【告知:2014.07.06】日仏会館人文社会系若手研究者セミナーで発表をします。■人文社会系若手研究者セミナー ■宮代康丈 中村隆之 馬場智一 伊達聖伸 (開会 三浦信孝・廣田功)■ 日時: 2014年07月06日(日曜) 14:00 - 17:30■ 会場: 日仏会館5階501会議室 - 渋谷区恵比寿3丁目[info]
  • 【更新】「論文」を更新しました。(2014.05.09)[info]
  • 【更新】「著作」を更新しました。(2014.05.09)[info]
  • 【更新】「業績」を更新しました。(2014.05.09)[info]
  • 【更新】「プロフィール」を更新しました。(2014.05.09)[info]
  • 【告知:2014.06.15】レヴィナス研究会第19回例会:藤岡俊博『レヴィナスと「場所」の倫理』(東京大学出版会)合評会に参加します。[info]
  • 2014.4.1. 長野県短期大学多文化コミュニケーション学科国際地域文化専攻に助教として着任しました。
  • 2013.07.23.京都ユダヤ思想学会(6月22日)での発表「『全体性と無限』における無限判断」の報告をCPAGのHPにアップしました。[info]
  • 2013.6.30.「ユダヤ哲学の方法論としての無限判断」の報告をCPAGのHPにアップしました。[info]
  • 2013.5.12. 第72回日本哲学会一般研究発表で「ユダヤ哲学の方法論としての無限判断」と題した発表をしました。近々CPAGのHPに詳細を報告します。
  • 2013.4.1. 東京大学東洋文化研究所「グローバル化時代における現代思想――概念マップの再構築」(CPAG)特任研究員に着任しました。[info]
  • 2013.3.13. 第22回政治哲学研究会(早稲田大学)で「政治と倫理ーコーヘン、シュトラウス、ゴルディン、レヴィナスにおけるマイモニデス読解」と題して発表をしました(2013.3.10.)
  • 2013.3.1 高等研究実習院(Ecole Pratique des Hautes Etudes, パリ)で「ジャコブ・ゴルダンによるユダヤ哲学の方法としての無限判断」と題した発表をしてきました(2013.2.28)
  • 2013.2.19 静岡大学防災総合センター主催研究プロジェクト「防災倫理学」コロキウム第一回「カタストロフと哲学」に「話題提供者」として参加してきました(2013.2.9)。
  • 2012.11.20 合評会情報、拙ブログにもアップしておきました。[info]
  • 2012.11.20. (告知)12月1日一橋大学哲学・社会思想学会で『倫理の他者』の合評会があります。評者は杉本隆司さん(一橋大学)、小野文生さん(京都大学)。[info]
  • 2012.10.19. (告知)10月28日レヴィナス研究会第14回例会:村上靖彦『レヴィナス:壊れものとしての人間』合評会に特定質問者として参加します。[info]
  • 2012.10.19. (告知)11月18日日本現象学会(東北大学)で発表します。タイトルは「相互共存在と合一」、ハイデガーの1928-29年講義「哲学入門」(全集27巻)をレヴィナスがどう受容したかについて論じます。[info]
  • 2012.10.16. ワークショップ「フランスと日本における哲学教育の現在」に通訳(日⇔仏)として参加しました。[info]
  • 2012.10.13. 拙著『倫理の他者』が日本倫理学会和辻賞の「その他の注目作」に選ばれました。
  • 2012.5.12 日本哲学会若手研究者奨励賞を受賞しました。[info]
  • Post